スロット解析情報~すろかい~

スロットの解析情報、業界ニュースなど

モンハン狂竜戦線は12月18日稼動開始です(追記)

 話題作、モンスターハンター狂竜戦線に、不公正販売の疑いがあるので、ご紹介します。

 という事でざっくり言うと納品開始が1月9日の予定だったはずなのに大量導入店(20台以上?)には12月18日に納品する事になったようです・・・

 

スポンサーリンク

 

 独り言・・・

今回の件は一般論では片付けられない部分がありますので後述したいと思いますが、通常どの業種でもたくさん買ってくれた場合は値引きをするし納品日に関しても優遇すると思います。

これに対して文句があるならそれなりの注文をこなしたり、金額面での見返りを与えると思います。

多かれ少なかれこの手の不満は店舗様のブログに見受けれますが、仕方ないんじゃないのと思う事が多々あります。

 

ただし、今回はちょっとやり過ぎなのかな~って思います。

ポイントとして・・・

 1.最速納品日が当初の説明と違う

最速納品が1月9日と説明を受けその条件を達成する為に数々のミッション(抱き合わせ)をクリアしたであろうにもかかわらず真の最速導入日は12月18日と判明。

 

営業に問い合わせると「聞かれていないから説明しなかった」って子供の言い訳ですね。

 

 2.1月9日導入店舗がキャンセルを申し出たが拒否された

当然商品力が落ちるのでキャンセルしたいですよね。

多分当初のトップ納品を確定させる為に過剰な購入をしていると思います。

当然過剰な分は即中古市場などへの売却も検討していたかもしれません。

モンハンの評判自体は悪くはない様ですが、即売却と、1ヶ月後の売却では現状各社の機械寿命、先行導入店舗も多大数のまま稼動させず即売却も検討していると思われるのでかなりハンデとなりそうです。

この件は契約成立後の店舗だったようですが、特記事項とかでキャンセルする際の条件とかは明記しないのですかね~

又、本契約をしていない店舗ならキャンセル可能かと思いますが、それはそれで今後の事を考えると厳しい選択になりそうです。

 どうしてこうなってしまったのか?

 直近のF社の2Q決算を見ると約63億の営業赤字です。

上場企業でもあり多くの株主からの厳しい目もある為、ま~会社としては年単位でこの赤字を埋めるよう動くのは想像出来ます。

そしてその赤字を埋める為のキラーコンテンツがパチンコのエヴァ11でありモンハン狂竜なんだと思います。

ただ、当初の販売数量だけでは厳しかったのかな~…

それにしても「過ぎたるは猶及ばざるが如し」です。

大手優先の営業も否定はしませんが、大手を脅かす中小店舗があるからこそ大手もやる気を出すのですよ。

中小店舗がいなくなったら大手も機械を本気買いなんてしませんよ~

 追記

そこそこ盛り上がった話題であった為か全日遊連が動きF社に対して事実確認を行いF社からの回答も出たようです

回答内容については全く見るべき所も無く悪い意味で「プロレス」のような感じです。

ただし、全日遊連が事実確認を行いそれに対して販社が回答したという点はかなり重要だと思います。

これで類似の事案が出た際にこの件についても問われる事は間違いなくそういう意味では一定の成果なのかと思います。



©スロット解析情報~すろかい~
TOP  新台情報  スロ一覧  業界News  雑記(仮)  エクセル講座   アプリ  パチンコ  ホール情報  Contact