読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スロット解析情報~すろかい~

スロットの解析情報、業界ニュースなど

カジノ推進法案が衆院内閣委で可決

News

 11月30日から審議入りしていたカジノ推進法案が12月2日、衆議院の内閣委員会で可決した。今後衆院本会議での採決を経て、参議院に送付される見通し。

中略

また緒方議員は、風適法で定められているパチンコなどの業態と、刑法で禁止されている賭博行為との関連についても指摘。法務省の盛山副大臣は、「法務省の観点からパチンコが賭博罪にあたるかどうかについてだが、犯罪の成否は個別の事案において収集された証拠に基づいて判断されるため、一概に答えることはできない。しかし、一般論として答えるなら、パチンコが刑法185条の賭博に該当するとしても、同条但し書きの、一時の娯楽に供する物を賭けたる行為に該当する時は、賭博罪に当たらない」と答弁した。

 

スポンサーリンク

 

 独り言・・・

はっきり言って不勉強で中途半端な事を書いてしまうと突っ込まれてしまいそうですが、思った事を書いてしまいます・・・

 

まずこのカジノ推進法案ですが、引用元が遊技通信さんという事でこのような呼び方になっていますが、NHKでは「カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案」との表記をしています。

カジノは統合型リゾートの1施設という事です。

ま~カジノが中核ではあると思うし、野党の皆様がいちゃもんを付けるにはここになるのかな~とは思います。

そしてまともに審議されていないなどと言われていますが、事の始まりは2002年に石原元都知事が発案したものであり昨年4月に議員立法として提出され継続審議とされていた法案です。

土壇場で駄々をこねてもそれはちょっと違うかなと思います。

但し、これで決定という訳では無く1年をめどに刑法との整合性を検討するとの事なので、じっくりと議論してもらいたいと思います。

 

話は変わって、なぜこんな場末のスロサイトがカジノ法案を記事にしたのか?

個人的にはカジノとパチンコ・スロットは似て非なるものと思っていますが、議論の流れとしてパチンコの法律的解釈も合わせて議論されているからです。

前回の記事

で、政府の見解として風営法の範囲ならば賭博にはあたらないとの解釈がされた訳ですが、今回は法務省の見解として「一般論として答えるなら、パチンコが刑法185条の賭博に該当するとしても、同条但し書きの、一時の娯楽に供する物を賭けたる行為に該当する時は、賭博罪に当たらない」と答弁されています。

 

これで概ねパチンコ店の営業自体はお墨付きを貰えたのかなと思いますが、もう1つの問題、「換金問題」についてはまだ議論の余地があると思います。

ここでしっかり決めないといつまでたっても力のあるパチンコ店でも株式上場を許されないような何処か後ろめたい業界のままになってしまいます。

今までも業界内の取り組みとして努力はされていたと思いますが、この問題にけりをつけるラストチャンスだと思います。

 

正直その結果が個人的にも望まない「換金は違法」と判断される可能性も無きにしも非ずですがだからと言ってもう、うやむやに出来る段階ではないと思います。

業界としてきちんと説明し個人的に望む結果「換金合法」への流れを作ってもらいたいと思います。



©スロット解析情報~すろかい~
TOP  新台情報  スロ一覧  業界News  雑記(仮)  エクセル講座   アプリ   株式  ホール情報  Contact