スロット解析情報~すろかい~

スロットの解析情報、業界ニュースなど

店舗数が減少しています。


f:id:commseed:20171117130526j:plain

全日遊連(阿部恭久理事長)はこのほど、9月に実施した「組合加盟店舗の実態調査」の調査結果を公表した。

それによると、営業店舗数は8月末より33店舗少ない10,044店(前年同月比321店舗減)。新規店舗数は5店舗(同比5店舗減)、廃業店舗数は45店舗(同比5店舗増)、休業店舗数は143店舗(同比23店舗増、8月中に休業した店舗は17店舗)と、新規店舗数は今年最低値、廃業店舗数は今年2番目に高い数値となった。

遊技機の設置台数では、パチンコが前月比9,254台減の258万4,159台、パチスロが同比716台減の152万4,774台、その他の遊技機が増減無しの103台。総設置台数は8月末から9,970台少ない410万9,036台となった。

 

 

スポンサーリンク

 

 独り言・・・

 パチンコ規制の影響で9月を迎えられなかった店舗が結構あったようです。

個人的には無理に台を埋めなくてもベニヤで結構だと思うのですが、状況が好転する兆しが無い状況では、営業を続ける事を諦めるのも仕方ないかもしれません。

 

このままだと年内にも営業店舗数が1万を割り込んでくるかと思います。

1万が9999になると状況としては変わりありませんが、心理的な影響は大きくそれなりの報道になるような気がします。

 

ただし廃業店舗数に対して設置台数の減少はかなり少ないです。

それだけ各店舗の大型化が進んでいると思いますが、地域的な格差は広がりそうな気がします。

ちなみに自分の家から1番目と2番目に近かったお店はどちらも閉店して、その後買い手が付かない状況です。

 

ま~逆に考えれば打ちに行く為に何十分もかかるようになればきっぱりと止めれそうです。。。