スロット解析情報~すろかい~

スロットの解析情報、業界ニュースなど


レジャー白書2016とDK-SIS白書2015

f:id:commseed:20171117130526j:plain

 白書によると、2015年のパチンコ参加人口は前年比80万人減の1070万人となった。参加人口は2009年の1720万人から減少し続け、2013年 には1000万人を割り込む970万人にまで減少。昨年は180万人増の1170万人と5年振りに増加したが、再び減少に転じた。
 
年間の活動回数は前年の22.8回から32.4回に増加。一方で1回あたりの平均費用は前年の3750円から3080円に減少したが、1人あたりの年間平均費用は前年の8万5200円から1万4600円上昇した9万9800円となった。

 

 

続けて山岸室長が白書の概要を解説。DK-SISデータにおける昨年の台あたり業績が、遊技時間・売上・台粗利など全ての項目で前年比減となる厳しい結果 が示された。SISデータを元に推測値を算出し、同社が市場規模を図る上で最重要視している業界総粗利は前年比0.18兆円減となる3.32兆円となっ た。業界総粗利はパチスロが完全5号機市場となった06年から前年比減が続いており、この10年間で約1.2兆円の粗利を失ったことになる。
 
業界総粗利から遊技機購入費を差し引いた遊技機利益規模は同0.17兆円減の2.26兆円。遊技機販売台数が減少したものの、単価が上昇したことで遊技機購入費用が前年とほぼ同規模となり、粗利の減少がそのまま遊技機利益の減少に繋がっている。

   独り言・・・

 

集計期間は違うと思うのですが、業界に関する指標が2つ発表されました。

予想通りというか、参加人口、売り上げ共に減少傾向。

但し1人あたりの年間消費額は増加と完全にヘビーユーザー頼りの営業になっています。

 

それもmax機の撤去によってヘビーユーザーが離れてしまったらどうなるのか?

 

予断ですが、最近近所のお店が2店も閉店しました。

ま~どちらもいつ逝ってしまってもおかしくない状況だったので別段驚きという事は無かったのですが、あらためて撤去機問題がとどめを指したのかなと思います。

 

さらに予備軍も数店あるので年内に後何店か逝ってしまいそうな気がします。