スロット解析情報~すろかい~

スロットの解析情報、業界ニュースなど


5.9号機 概要決定!(役比モニタ導入確定)※追記あります

f:id:commseed:20171117130526j:plain

www.pachinkovillage.com

 

6月16日、オーラムにて「第14回 回胴式遊技機製造業者連絡会議」が開催。終了後にプレス説明会が開催。回胴式遊技機の新たな自主的な措置(5.9号機基準)の説明が行なわれた。

5.9号機基準の概要として、以下の項目が追加。必須項目となる。

(1)役比モニタの搭載
(2)有利区間(ナビを出すことができる区間)は最大1500Gで必ず終了し、初期化される
(3)有利区間比率は70%未満

 

 

 独り言

これで2017年10月1日から導入される新台には全て役比モニタが搭載される事が確定しました。

これはノーマルタイプにも必須でこんなの必要あるのかなという事が正直な気持ちです。

ま~これを導入しないともっと厳しい規制がされそうだったので、これで勘弁してもらったという感じでしょうか?

 

さらにこのモニタは打ち手は確認する事が出来ず筐体内部に設置されるようです。

(コイン補充の際に確認できるかもしれませんが。)

ただ、だからどうした?という気持ちが強いです。引きによって有利区間(いわゆるART)の比率なんていくらでも変わると思うんですよね。

 

一様想定している運用方法は機構の立ち入り検査、所轄が不正機かどうか確認する際に使用されるようです。

 

未確認ですが、この内容を読む限りではパチンコの様に現行機が撤去される事は無いようなので一安心(スロットは規定違反の機械では無いですからね。あくまで拡大解釈の度が過ぎた?だけです。。。)後は中古の流通がどうなるかですね。

 

中古流通が可能ならお店はしばらくの間は5.9号機が登場しても購入しないでしょうね。

役比モニタはともかくART機能に設定差が設けられない、通常時に一定確率で抽選(高確、低確の概念で抽選出来ない!?)、最大継続1500G

ART終了後は完全初期化(引き戻し抽選不可)これでは無理です。ほんと無理。

 

この仕様を見て思い出す機種は5号機黎明期に登場した「クランキーコンドルX」です

 

クランキーコンドルX - パチスロ|株式会社ユニバーサルエンターテインメント

 

最近登場した「クラコレ」とは違いますよ~

通常時全設定共通でRT突入抽選をしていて(上乗せなし)RT突入図柄入賞時は100Gの完走型RTに突入しました。

ま~当時としてはそこそこ画期的な機能ではあったのですが、今となっては随分しょっぱい台ですね。

 

それでもこんな台しか無いとしたら打つんだろうね。きっと。。。

 

追記・・・

 

5.9号機問題に関連して気になった記事があったので追記します

メインの記事は役比モニタの件ですが、文末に5.9号機に関する質疑という形で一問一答形式で規定の確認をされているので引用します・・・

質疑:設定差のないハズレによって有利区間移行抽選を行ってもよいか→NG

 

回答:全設定共通のくじ(条件装置の組み合わせ)に紐付いて抽選されなければならない

 

質疑:くじに関わらず、毎遊技ごとに一定の確率(例:全設定共通1/1000)で有利区間移行抽選を行なってもよいか→NG

 

回答:全設定共通のくじ(条件装置の組み合わせ)に紐付けて抽選されなければならない。

 

質疑:設定差はないが、規定数ごとに異なるくじで有利区間移行抽選を行ってもよいか→NG

 

回答:有利区間移行抽選に係るくじは、規定数によって変化してはならない。

 

質疑:設定差のないBB終了時に天井ゲーム数を抽選により決定してもよいか→OK

 

回答:問題ない。

 

質疑:設定差のあるBB終了時に天井ゲーム数を抽選により決定してもよいか→NG

 

回答:設定差のあるBBの条件装置作動から当該BBの終了時までは、指示機能に係わる処理は行なえない。

 

質疑:前回の初期化からの差枚数を参照して、指示機能に係る処理を行ってもよいか→NG

 

回答:有利区間以外の履歴を含むパラメータを指示機能に係る処理に使用することは出来ない。

 

質疑:当該有利区間中における条件装置作動履歴(設定差なし)を参照して処理を行ってもよいか→OK

 

回答:問題ない。

 

質疑:当該有利区間中における条件装置作動履歴(設定差あり)を参照して処理を行ってもよいか→NG

 

回答:設定差のあるくじを指示機能に係る処理に使用することは出来ない。

 

質疑:くじとは一切関係しない有利区間終了抽選(1/500の一律パンク抽選等)を行う事は→OK

 

回答:問題ない。

 

質疑:押し順ナビを規定回数実施した契機で有利区間を終了してよいか→OK

 

回答:問題ない。

 

質疑:有利区間の終了条件を1500回の遊技のみにすることは→OK

 

回答:問題ない。

 

 ここから自分なりに解釈すると、とにかくARTに関する部分は設定差をつけられない。

そして、この質問している側は設定差はつけられないにしても、突入が期待できるゾーン(G数テーブルのようなもの)、2段階抽選を用いてARTへの突入が期待できるゾーン(レア役成立でCZ突入)のような機能を実装したいと考えているようですが、ことごとくへし折られています。。。

 

5.9号機のARTは特定役成立で即発動(もしくはボーナス終了後、設定差無し)

これでしか実現できないようです。困ったもんだ。

 

ま~これでは話にならないので組合として早期に6号機として規定をまとめ直す必要があると思います(実際していると思いますが)

ただ、今までに禁止された規定が緩和されるとは考えにくいので悩ましいですが、せめて短期出球だけでも緩和してもらえれば面白い台が出来そうな気がしますが、どうでしょう?